【マイクラ】自動木材製造機・・・効率がオワオワで植林場作った方がマシ!【統合版】

自動木材製造機

こんばんは、所長です。

今回は「自動木材製造機」

木材は建築・クラフト・燃料など用途が多岐に渡り、無限に欲しい資源。

ゆえに自動木材製造機の需要は高いのですが・・・効率がゴミのような製造機しか作れません。

一応作り方を記載しておきますが、植林場を作った方が全然マシなのでそちらをオススメします。

【マイクラ】全6種の木の育て方と制御ブロックの位置!種類ごとに制御して効率的な伐採を。【統合版】
こんばんは、所長です。 今回は「全6種の木の育て方と制御ブロックの位置」! 木は建材としてポピュラーな、いくらあっても困らない素材です。 しかし、完全自動でガッポリ稼ぐのが困難な素材でもあるため、植林場を作って効率的に伐採するのが主流...
【マイクラ】木材を効率的に集められる、植林場の作り方講座【統合版】
こんばんは、所長です。 今回は「植林場の作り方講座」! 木材を大量にゲットするために、作っておくと便利な植林場の作り方を解説します。 植林場の作り方 植えない地面に土・草ブロック以外を置いていく 苗木は草ブロックや土ブロックに...
スポンサーリンク

完成図

完成図

完成図。

骨粉を吐きだす発射装置

発射装置が苗木に対して骨粉を吐きだし、

ピストンで押し出される木

苗木が木に成長するとピストンで押し出されます。

貯まっていく原木

ピストンで押し出された原木(丸太)がどんどん貯まっていきます。

稼働させるには自分がひたすら苗木を植え続ける必要アリ。

スポンサーリンク

骨粉64 × 9スタックでの獲得効率

原木の獲得効率

発射装置に骨粉64 × 9スタックを詰め込んで稼働させたところ、これくらいの原木になりました。40個くらい?

これではコスパに優れていると言えませんね。

低効率の原因は苗木の成長システム。

苗木は骨粉を受けるたびに木に成長しようとしますが、装置に適合した形以外に成長できないよう制御しているため、適合する形に当選するまでひたすら苗木のまま骨粉を消費してしまうのです。

下手したらひとつの苗木を成長させるのに数十個の骨粉を消費してしまうため、こんな効率になっています。

スポンサーリンク

必要アイテム

必要アイテム

  • ハーフブロック:3
  • 建築用ブロック:いっぱい
  • レッドストーン:いっぱい
  • レッドストーンブロック:1
  • レッドストーンのたいまつ:1
  • レバー:1
  • レッドストーン反復装置:2
  • レッドストーンコンパレーター:1
  • 発射装置:1
  • ピストン:いっぱい(65)
  • 土ブロック:1
  • 樫の苗木:いっぱい
  • 骨粉:いっぱい
スポンサーリンク

作り方

土ブロックと発射装置

土ブロックの上に向かって発射装置。

クロック回路

発射装置の後ろに建築用ブロックを置き、クロック回路を作ります。

所長
所長

コンパレーターを減算モードにしておきましょう。

クロック回路の動作チェック

レバーをオンにして、カチカチカチカチと連続で音が鳴ればOK。

5段ピストン。

ピストンを5段。

ピストン前のレッドストーン回路

ピストンの正面にレッドストーン回路を設置。

ピストン後ろの回路

ピストンの裏側に回って、回路を伸ばします。

角度違い

ちょっと角度を変えて見るとこんな感じ。

ピストン軍団

ピストン5段 × 12列で60個設置。

仮ブロック

土ブロックの上から8ブロック目に建築用ブロック。

所長
所長

建築用ブロックは敵が湧くのでこの時点で湧き潰しておくか、敵の湧かないガラスブロックで代用してもかまいません。

レッドストーンのたいまつ

はしっこのピストン前を1段掘り下げて、レッドストーンのたいまつ。

反復装置

レッドストーンを伸ばして反復装置。

レッドストーンを伸ばす

更にレッドストーンを伸ばします。

後ろ側のレッドストーン

ピストンの後ろに建築用ブロックとレッドストーンをビシャーーーッと。

混線回避用の建築用ブロック

レッドストーンの混線を避けるために建築用ブロック。

発射装置内の骨粉

発射装置のなかに骨粉を大量投入すれば完成!

動作確認

レバーオン

レバーをオンに。

骨粉を受ける樫の苗木

土の上に樫の苗木を植えると、発射装置の骨粉を受けて、

木に成長と同時に押し出し

木に成長。と同時にピストンで押し出し。

ひたすら植え続ける

ボタン押しっぱなしでひたすら樫の苗木を植え続ければ、

原木が貯まっていく

どんどん原木が貯まっていきます。

スポンサーリンク

仕組みの解説

発射装置で骨粉を吐きだし続ける仕組み

発射装置で骨粉を吐きだし続ける仕組みにはクロック回路を採用しています。

クロック回路

クロック回路は信号をカチカチカチカチと連続で送り続ける回路で、それを発射装置につなげることで骨粉を連続発射させています。

クロック回路の詳細は別記事にて。

【マイクラ】クロック回路の作り方と仕組み、遅延方法を詳しく解説します!【統合版】
こんばんは、所長です。 今回は「クロック回路」の作り方と仕組みを解説しつつ、目的に合わせて遅延させる方法をご紹介します。 クロック回路は初心者講座のほうでも「回路は色々あるけど、クロック回路だけは覚えた方が良いよ!」と書いているほど便利...

苗木が木に成長したら押し出す仕組み

信号を受けとる

レッドストーン反復装置はブロックを介して信号を受けとることができます。

木を介して信号を受けとる回路

それを組み込んだのがこの部分で、苗木が木に成長したらその木を介して反復装置が信号を受けとり、

ピストンに届く信号の経路

信号がピストンに届いて木を押し出します。

木が貯まったら押し出す仕組み

レッドストーンのたいまつ

レッドストーンのたいまつは、

レッドストーンのたいまつからの信号の受け取り方

頭上のブロックを信号源化するため、こんな感じで信号を受けとれます。

装置内のレッドストーンのたいまつ

それがここに組み込まれていて、

ブロックがやってくる

ここにブロック(原木)がやってくると信号が流れて、

作動するピストン

ピストンがガッツリ作動して押し出す、と。

背面のレッドストーン

背面に張り巡らされたレッドストーンが全ピストンに信号を送っています。

 

以上、自動木材製造機の作り方と解説でした。ネタ装置ですので制作はお暇なときにどうぞ。ではまた!(‘-‘)ノ

便利装置
スポンサーリンク
所長をフォローする
スポンサーリンク
スイッチ対応レッドストーン装置研究所

コメント