【マイクラ】観察者式サトウキビ自動収穫装置!完全放置したいアナタへ【統合版】

観察者式サトウキビ自動回収装置

こんばんは、所長です。

今回は「観察者式サトウキビ自動収穫装置」

観察者でサトウキビの成長を観察してピストンでへし折るタイプのもので、仕組み的には竹の自動収穫装置と同じですね。

【マイクラ】骨粉不要で拡張自在な竹自動収穫装置の作り方を解説しマッスル!【統合版】
こんばんは、所長です。 今回は「竹自動収穫装置」の作り方を解説します。 竹自動収穫装置の作り方自体は以前にもご紹介しました。 上記は「骨粉が無くても稼働するけど、基本的には骨粉を使って効率よく回収する」ための装置。 今回紹介する...

サトウキビは「砂糖」と「紙」の材料になるユニークなアイテムなので、装置をひとつは作っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

完成図

完成図

完成図。

横から見た図

横から見た図。

サトウキビの成長を感知した観察者がピストンを作動させてサトウキビをへし折り、

サトウキビを回収

ホッパー付きトロッコがサトウキビを回収して、

ホッパーを通じてチェストへ

ホッパーを通じてチェストに格納されていく。そんな装置です。

スポンサーリンク

必要アイテム

必要アイテム

  • ガラスブロック:いっぱい
  • 建築用ブロック:いっぱい
  • チェスト:2
  • 水バケツ:2(無限水源使えば1でOK)
  • レール:32
  • 加速レール:4
  • ホッパー付きトロッコ:1
  • レッドストーン:30
  • レッドストーンブロック:4
  • 観察者:30
  • レッドストーン反復装置:14
  • ホッパー:2
  • ピストン:30
  • 草ブロック:30
  • サトウキビ:30
スポンサーリンク

作り方

回収部分

チェストとホッパー

チェストを2つ並べて、上にホッパーを2つ設置。

所長
所長

ホッパーを設置するときはしゃがみながら!

建築用ブロックとレッドストーン

ホッパーと同じ高さに建築用ブロックとレッドストーンのブロック。

左右非対称なので注意してください。

レールとホッパー付きトロッコ

建築用ブロックの上にレール、レッドストーンブロックの上に加速レールを置き、ホッパー付きトロッコを走らせます。

レッドストーンブロックから信号を受けとった加速レールが常にオンになるため、ホッパー付きトロッコがグルグルと走り続ければOK。

装置部分

水流の土台

レールと同じ高さに建築用ブロック。

草ブロックで囲んで水流

その上を草ブロックとガラスブロックで囲い、両端から水流。

水流より水源のほうが処理が軽そうなので、全部水源にしてもかまいません。

サトウキビを植える

このタイミングでサトウキビ植えときましょう。

ガラスブロックで囲う

サトウキビを囲うようにガラスブロックを置いて、

ピストンと観察者

ガラスブロックの上にピストン、その上に観察者。

両サイドにピストンと観察者

逆サイドにも設置。

ガラスで密閉

ガラスで完全密閉します。

サトウキビの上2ブロックは空洞

ただしサトウキビが成長する空間はガラスを置かず空洞にしときましょう。

ピストン後ろの建築用ブロック

ピストンの後ろに建築用ブロック。

建築用ブロックの斜めに建築用ブロック

建築用ブロックの斜め上と斜め下に建築用ブロックを、

ひとつ飛ばしで置いていく

ひとつ飛ばしで置いていきます。

反復装置とレッドストーン

建築用ブロックの上にレッドストーンと反復装置を交互に設置。

反復装置は遅延0(初期設定)で。

レッドストーン

下段の建築用ブロックにレッドストーンを設置。

逆サイドにもレッドストーン関係

逆サイドも全く同じように設置すれば完成!

動作確認

ピストン作動!

サトウキビが成長したら観察者が感知しピストンでへし折って、

チェストに格納

チェスト内に格納されれば成功。

しかしサトウキビの成長はめちゃくちゃ遅いので、しばらく放置してあとで確認したほうが楽です。

スポンサーリンク

仕組みの解説

今回の装置のポイントは

  • サトウキビを回収する仕組み
  • 成長したサトウキビをへし折る仕組み

のふたつ。

どちらもほぼほぼ竹の自動回収装置と同じですね。

サトウキビを回収する仕組み

ブロック上のアイテムがチェストに格納される

ホッパー付きトロッコはブロックの上にあるアイテムをブロックを貫通して回収することができます。

サトウキビを設置したブロックの真下をグルグル走らせて、アイテム化したサトウキビを回収させる仕組みとなっとります。

【マイクラ】ブロック上のアイテムを回収する仕組みを解説します【統合版】
こんばんは、所長です。 今回は「ブロック上のアイテムを回収する仕組み」をご紹介します。 トラップタワーで敵からドロップしたアイテムや食料など、自動装置では色々なアイテムがブロック上に落ちます。 それらを自分で拾うことなくチェスト内に回...

成長したサトウキビをへし折る仕組み

観察者の信号をピストンに流す

観察者はサトウキビが目の前にきたら信号を流すので、その信号をピストンに届けて作動させています。

レッドストーンをつなげた場合

レッドストーンをつなげてしまうと、

全ピストンが同時に作動

観察者がどこか1か所でも信号を流すと全ピストンが作動してしまうため、

レッドストーンをつなげない

レッドストーンをつなげないよう反復装置を置いて工夫しております。

全ピストンが作動すると何がマズイって、ピストンが作動した瞬間にサトウキビが成長しようとした場合、ピストンにジャマされて成長できないこと。

成長が1回分無駄になるため効率低下につながります。

ただ、前述の通りサトウキビの成長は遅く、成長のタイミングとピストンの作動がピンポイントで被ることはほぼないと思いますのでお好みでどうぞ。

所長
所長

今回はオサレして反復装置使ってみただけです。

 

以上、観察者式サトウキビ自動収穫装置の解説でした。ではまた!(‘-‘)ノ

コメント