【マイクラ】スーパーフラットカスタマイズのように地面のブロックを変えるコマンド【統合版】

スーパーフラットカスタマイズコマンド

こんばんは、所長です。

今回は「スーパーフラットカスタマイズのように地面のブロックを変えるコマンド」をご紹介。

地面が鉄ブロック

こんな風に、「地面を鉄ブロックで埋める」みたいなコマンドですね。

Java版だとチョイチョイッといじれば簡単にカスタマイズできたんですけど、統合版だとそれができなくて困っている方が多くいらっしゃいます。

私もその一人で、コマンド表を見ながらどうにかひねり出したのが紹介するコマンド。

他にも効率の良い方法は存在するかもしれませんが、こんな方法もあるよ~ということで参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ワールドの設定

世界のタイプをフラット

ワールド生成時に「世界のタイプ」を【フラット】に。

重い処理が走るので、「シミュレーション距離」を【4チャンク】まで下げておいたほうが良いかもしれません。

時間と天候の設定

「常に昼間」を【オン】にして、「天候の変化」を【オフ】にしておくとやりやすいです。後から変更することもできます。

平らな世界

草ブロックで構成された平らな世界になればOK。

スポンサーリンク

地面のブロックを変えるコマンド

コマンドブロックの入手

コマンドブロックの入手

/give @p command_block

とチャット欄に入力し、コマンドブロックを入手。

最も近くにいるプレイヤー( = 自分)のインベントリにコマンドブロックを召喚するコマンド。

コマンドブロックの設定

コマンドブロックを設置

コマンドブロックを設置して使用ボタンで設定画面を開き、

コマンドブロックの設定

「レッドストーン」を【常にアクティブ】。

「コマンド入力」欄に

/execute @e ~ ~ ~ fill ~-80 3 ~-80 ~100 3 ~100 iron_block

と入力。

全てのエンティティ(プレイヤーやモンスター)の周囲の地面を鉄ブロックに置きかえるコマンド。

設定後

設定画面を閉じたらこうなるはず。

コマンドブロックの設置

Ctrl + ホイールクリック

コマンドブロックにカーソルを合わせてCtrlキーを押しながらマウスホイールをクリックすると、

データ保持したコマンドブロック

【コマンドブロック(+DATA)】というアイテムを入手できます。

これがさきほど入力した設定を保持したコマンドブロックで、

置いた瞬間にコマンドが走る

わざわざコマンドを入力し直さなくても、置いた瞬間にコマンドが走る便利仕様。

PC以外でマウスホイールクリックに相当する操作が分かりません。PC以外の場合、コマンドブロックを置く代わりに、前述の/execute~~を毎回チャット欄に入力することでも代用できます。

あとは飛び回りながらこのブロックを設置しては壊しまくるだけですが、いくつかコツがあります。

時間を夜に設定する

時間設定コマンド

/time set midnight

とチャット欄に入力して、時間を夜に設定しましょう。

暗いのが嫌なら、

暗視コマンド

/effect @p night_vision 100000 0 true

と入力すれば暗視の効果を10万秒間得られ、邪魔なエフェクトは表示されません。

コマンドブロックの効果は「全てのエンティティの周囲を鉄ブロックにする」であり、エンティティには敵モンスターも含まれますから、夜にしてモンスターを湧かせることで効率アップが見込めます。

▼時間をお昼に戻すコマンド▼

/time set day

▼暗視を解除するコマンド▼

/effect @p clear

草ブロックエリアまで進入して置く

草ブロックエリアに置く

エンティティの周囲を鉄ブロックに置きかえるコマンドなので、鉄ブロックと草ブロックの境界線に置くより、数十ブロックほど草ブロックエリアに侵入して置いたほうが効率的です。

ほとんどの場合、境界線の近くに湧いたモンスターが補完してくれるので大胆に侵入しても問題ありません。

スポンサーリンク

完了したら敵をキル

作業が完了したら最後に敵をキルしましょう。

キルコマンド

/kill @e[type=!Player]
プレイヤー以外のエンティティをキルするコマンド。

以上、スーパーフラットカスタマイズのように地面をブロックに変えるコマンドの紹介でした。正直かなり面倒ですが、地面を変えたい方はどうぞ。ではまた!(‘-‘)ノ

コマンド
スポンサーリンク
所長をフォローする
スポンサーリンク
スイッチ対応レッドストーン装置研究所

コメント