【マイクラ】必ず自動発車できるホッパー付きトロッコのアイテム積み込み駅ができたゼ【統合版】

必ず自動発車できるアイテム積み込み駅

こんばんは、所長です。

今回は「必ず自動発車できるホッパー付きトロッコのアイテム積み込み駅」をご紹介します。

【マイクラ】ホッパー付きトロッコに満タンまで回収させてから出発する装置【統合版】
こんばんは、所長です。 今回は「ホッパー付きトロッコに満タンまで回収させてから出発する装置」をご紹介します。 「ホッパー付きトロッコに満タンまで回収させてから出発する装置」とは ホッパー付きトロッコはアイテムを回収するのにとても便利で...

上記は前作で、簡単に作れるもののホッパー付きトロッコに満タンまでアイテムを積まなければ自動発車できないという弱点を抱えていました。

間違ってゴミのようなアイテムを入れちゃったり、希少性の高いアイテムを入れると手動で発車させなきゃいけなかったんですね。

それだとさすがに実用性が低いかなってことで、アイテムの種類・数に関わらず必ず自動発車できるようにアレンジしたものが今回の装置となります。

スポンサーリンク

完成図

完成図

メカメカしい感じになっております。

ホッパー付きトロッコが到着すると、

アイテム積み込み中

上段ホッパー付きトロッコが押し出されて下段ホッパー付きトロッコにアイテムを流し、

自動発車!

回収し終えるとホッパー付きトロッコが自動発車!

ホッパー付きトロッコはアイテムを受け取る速度が尋常じゃなく速く、かなりスピーディな受け渡しができます。

スポンサーリンク

必要アイテム

必要テキスト

  • フェンスゲート:1
  • ガラスブロック:5
  • ハーフブロック:1
  • 建築用ブロック:いっぱい
  • チェスト:2
  • 加速レール:4
  • 感知レール:3
  • ホッパー付きトロッコ:2
  • レッドストーン:12
  • レッドストーンブロック:2
  • レッドストーンのたいまつ:1
  • レッドストーンコンパレーター:1
  • 粘着ピストン:1

装置部分の材料になるので、線路用レールなどは各自ご用意ください~。

スポンサーリンク

作り方

地面がレールを置く高さ

地面が線路の高さという想定でやっていきます。

メイン線路部分

建築用ブロックをL字に設置

建築用ブロックを3つ、L字に設置。

感知レールを加速レールで挟む

感知レールを加速レールで挟んで、

上段加速レールを破壊

上段の加速レールを破壊。

所長
所長

こうすることで感知レールを斜めの状態に固定できます。

建築用ブロックを積み上げる

加速レールを壊した場所は建築用ブロックを1段積み上げときましょう。

レッドストーンブロックを埋める

この位置にレッドストーンブロックを埋めます。

加速レールと感知レールを設置

加速レール3つ、感知レール1つを設置。

所長
所長

加速レールはレッドストーンブロックから信号を受け取って、常にオン状態となります。

ハーフブロックを設置

感知レールの上にハーフブロックを設置。

上付きハーフブロックと下付きハーフブロック

必ず上付きハーフブロックにしてください。

感知レールを設置

建築用ブロックの上に感知レールを設置。

粘着ピストンを設置

その隣に粘着ピストン。

感知レールの上にホッパー付きトロッコ

さきほど設置した感知レールの上にホッパー付きトロッコを設置。

ホッパー付きトロッコの上に大きなチェスト

ホッパー付きトロッコがアイテムを回収できるように大きなチェストを設置。

フェンスゲートを設置

ハーフブロックの前にフェンスゲートを設置。

フェンスゲートは下にブロックがないと設置できないので、仮ブロックを置いといてあとで破壊しましょう。

メイン部分完成

これでメインとなる部分は完成!こっから先はチョロいです。

粘着ピストン制御部分

建築用ブロックを8つ設置

建築用ブロックを8つ。見やすいようダイアモンドブロックにしてみました。

感知レールの信号を粘着ピストンに届ける

感知レールの信号を延ばすように、粘着ピストンまでレッドストーンを置きます。

これで粘着ピストン制御部分はOK。

フェンスゲート制御部分

建築用ブロックを6つ設置

ハーフブロックからフェンスゲートの裏側に回りこむように建築ブロックを6つ。

コンパレーター・レッドストーンのたいまつ・レッドストーンを設置

コンパレーター・レッドストーンのたいまつ・レッドストーンを置きます。

レッドストーンのたいまつが発する信号を受け取ってフェンスゲートが開きっぱなしになるはず。

ガラスブロックを設置

最後にガラスブロックを置いて完成!

赤いガラスブロック

なんか場所が分かりづらかったので赤いガラスブロックにしてみました。

赤いガラスブロックの反対側

反対側から見た図。要するにホッパー付きトロッコが逃げないように囲えばOKです。

動作確認

ホッパー付きトロッコへアイテムが流れる

大きなチェストに入れたアイテムは上段のホッパー付きトロッコに吸い込まれていきます。

今回はアイテム数が少なかろうと自動発車できる仕組みなので、あえて中途半端な数を入れてみます。

ホッパー付きトロッコ突入!

ホッパー付きトロッコ突入!

アイテム回収中

上段ホッパー付きトロッコが粘着ピストンに押し出されるとともに、フェンスゲートが閉じて下段ホッパー付きトロッコを止めます。

所長
所長

上段ホッパー付きトロッコから下段ホッパー付きトロッコにアイテムが流れております。

アイテム回収後

回収し終えると下段のホッパー付きトロッコが自動発車され、

粘着ピストンが引っ込む

上段のホッパー付きトロッコが元に戻る、と。

発車後のホッパー付きトロッコの中身

発車されたホッパー付きトロッコ内にはアイテムがしっかり入っています。成功!

スポンサーリンク

仕組みの解説

今回の装置はたとえ下段ホッパー付きトロッコが満タンにならなくても、必要なだけ積み込んだら自動発車させるという部分を重視しています。

装置の流れ

まずはいま一度装置の流れを見てみましょう。

チェストからアイテム回収

下段ホッパー付きトロッコが到着してない間、上段ホッパー付きトロッコはチェストからアイテムを回収します。

下段ホッパー付きトロッコ登場

下段ホッパー付きトロッコがアイテムを求めてやってきました。

信号を受け取った時の動作

上段ホッパー付きトロッコは押し出され、下段ホッパー付きトロッコは停車してアイテムを回収します。

アイテム回収時の動作

上段ホッパー付きトロッコのアイテム数が0個になったのを感知して、下段ホッパー付きトロッコが発車!

アイテム回収後の動作

上段ホッパー付きトロッコが引き戻されて再びチェストからアイテム回収。

というのが一連の流れ。

この流れを実現するために

  • 下段ホッパー付きトロッコを停止させる仕組み
  • 上段ホッパー付きトロッコを粘着ピストンで押し出す仕組み
  • 上段ホッパー付きトロッコの空っぽを感知する仕組み

の3つが組み込まれています。

ひとつひとつ解説していきましょ~。

下段ホッパー付きトロッコを停止させる

フェンスゲートの仕様

下段ホッパー付きトロッコがアイテムを回収する間、線路上に停止させる役割はフェンスゲートが担っています。

意外なことに斜めになった線路から閉じたフェンスゲートを通過できません。

だから上段ホッパー付きトロッコが空っぽになったらフェンスゲートに信号を送って開けるだけで万事OKなのです。

その仕組みは「上段ホッパー付きトロッコの空っぽを感知する」のところで解説しております。

建築用ブロックはNG

ちなみにここが建築用ブロックだとめり込んで抜けなくなっちゃうのでハーフブロックにしてます。

上段ホッパー付きトロッコを粘着ピストンで押し出す

粘着ピストンで押し出す

上段ホッパー付きトロッコは、下段の感知レールから信号を受け取った粘着ピストンによって押し出されます。

そもそもなんで押し出すのか?というと、

アイテムがずっと流れてくる

上にチェストがある状態ではチェストからアイテムがドッカンドッカン流れてきてしまうため。

上段ホッパー付きトロッコが空っぽになったのを感知したいのに、チェストからアイテムが流れてしまっては永遠に感知できません。

だからピストンで押し出してチェストからアイテムが流れないようにしています。

到着する直前の感知レール

また、この位置に感知レールを置いて下段ホッパー付きトロッコが到着する直前に押し出す理由は、

アイテムが流れる位置関係

ホッパー付きトロッコ同士がこの位置関係でもアイテムが流れてしまうため。(方角によっては流れないかもしれません?)

到着時の状態

信号が流れてから粘着ピストンが作動するまで若干のタイムラグがあるので、その間にアイテムが流れてしまうと都合が悪いってことで、早めに作動させています。

上段ホッパー付きトロッコの空っぽを感知する

コンパレーターで中身を感知

上段ホッパー付きトロッコの空っぽを感知するにはコンパレーターを使っています。

感知レールの仕様

感知レールの上にあるホッパー付きトロッコはコンパレーターによって中身を測定できるんです。

コンパレーターはアイテムがあれば1以上の信号を出力し、そうでなければ信号を出力しないので、

上段ホッパー付きトロッコ内にアイテムがある場合

上段ホッパー付きトロッコ内にアイテムがあれば信号を出力し、レッドストーンのたいまつの信号が途絶えてフェンスゲートが閉じる。

上段ホッパー付きトロッコ内にアイテムがない場合

上段ホッパー付きトロッコ内にアイテムがなくなればコンパレーターが信号を出力せず、レッドストーンのたいまつが復活してフェンスゲートが開く。

発車後は元通り

すると下段ホッパー付きトロッコが出発しますから、粘着ピストンへの信号が途絶えて最初の状態に元通りってわけですね。

 

これでチェストのアイテム状況がどうであれ必ず自動発車してくれる、実用的な積み込み駅になったと思いますがいかがでしょうか。

レッドストーンを置く場所はかなりあっさり決めてしまいましたし、まだ改良の余地はありそうです。

でも追求しすぎると複雑になりがちなのでアレンジはレッドストーンマイスターにお任せします。

レールの仕様がよー分からん!って方はこちらへ。

【マイクラ】加速レール・感知レール・アクティベーターレールの使い方【統合版】
こんばんは、所長です。 今回は「加速レール」「感知レール」「アクティベーターレール」の使い方を詳しく解説します。 レールだけでレッドストーンに関わるものが3種類。面倒ですが、ざっくり覚えましょう。 作り方 加速レール ...

 

以上、必ず自動発車できるホッパー付きトロッコのアイテム積み込み駅の解説でした。ではまた!(‘-‘)ノ

コメント